/

乾燥空気や速度が影響 台風10号の弱まり 気象庁分析

気象庁は16日、今月初めに九州西岸を北上した台風10号に関し、東シナ海からの乾燥空気の流入でエネルギー源となる水蒸気が少なくなり発達が抑え込まれたことや、速度が速く強い雨の時間が持続しなかったことが影響し、予報より勢力が弱まったとの検証結果を明らかにした。被害が予想された高潮も、ピークが満潮と重ならなかったとしている。

同庁によると、台風10号には北西から乾燥空気が入ったが、勢力や進路の予測に使う大気の動きなどを数値化した基礎データに、十分反映されていなかった。台風が通過したコースの海面水温低下が勢力を弱めたとの指摘については、事後にシミュレーションした結果「予報への影響は限定的だった」としている。

同庁は台風10号に関し、伊勢湾台風級の勢力になる恐れがあり、台風による特別警報を発表する可能性もあるとして異例の呼び掛けをした。実際には予想より勢力は弱く特別警報も出なかった。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン