[FT]ピケティ氏、映画版「21世紀の資本」を語る

FT
2020/9/17 17:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フランスの経済学者トマ・ピケティ氏(49)と聞いて多くの人は退屈なデータ分析を想像するかもしれない。だが、ベストセラーとなった経済書で知られる同氏は普段は大の映画好きでもあり、週に2回見に行くことも多い。「パリに住んでいて良いことの一つだ。ちょっと歩くと至る所に映画館がある」という。同氏の著書「21世紀の資本」はかつて残酷にも、史上最も読まれていないベストセラーというレッテルを貼られた。これは電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]