/

この記事は会員限定です

経産官僚に冬の予感 新政権、首相補佐官ら交代

経済部 学頭貴子

[有料会員限定]

7年8カ月続いた第2次安倍政権を支えたのは、今井尚哉首相補佐官ら主に経済産業省の出身者だった。「一億総活躍社会」、「全世代型社会保障」など経産官僚が中心となって目玉政策を日替わりメニューのように打ち出した。菅政権の誕生で「経産省内閣」は終わりを迎えるのか。

「経産省以上に経産省っぽかった」。同省幹部は安倍晋三前首相についてこう語る。掛け声倒れに終わったものも含め、省庁横断型でメッセージ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン