石炭産業の反撃なるか、世界石炭協会事務局長に聞く
科学記者の目 編集委員 滝順一

滝 順一
コラム(テクノロジー)
編集委員
2020/9/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地球温暖化抑止の観点から二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力発電所などへの逆風が強まっている。日本国内でも発電効率の悪い石炭火力の廃止が検討されている。世界石炭協会のミシェル・マヌーク事務局長は「石炭への誤解が政策担当者や金融界に広がっている」とし関連産業をあげて石炭の重要性を訴えるという。石炭産業の反撃はなるのだろうか。

――先進国では石炭離れの動きがありますが、発展途上国ではこれからも必…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]