/

サッカー日本、再始動 制限下でも充実の2試合に

サッカージャーナリスト 大住良之

10月の日本代表の国際試合にフランスで活躍する酒井(右)を呼ぶことは難しいか=共同

「10月のFIFAインターナショナルウィンドウ(FIW)を利用して、サムライブルーはオランダで二つの国際試合を行うことになった」

9月11日、日本サッカー協会の反町康治技術委員長は、協会公式サイト上で公開したコラム「サッカーを語ろう」でこう明かした。10月9日にカメルーン、13日にコートジボワールと親善試合を行うという。試合は、現在のオランダの感染予防プロトコルに従い、ともに無観客開催となる。

W杯アジア予選、2度延期で来年に

今年は国際サッカー連盟(FIFA)の定めた「FIW」に合わせ、3、6、9、10、11月にそれぞれ9日間の活動日を設定し、そのなかで2試合ずつ、計10試合を行う予定だった。

ところが新型コロナウイルスの影響で3月と6月の活動が中止され、この間に消化されるはずだったワールドカップ2022年カタール大会のアジア2次予選の残り4節が延期になった。アジアサッカー連盟(AFC)は6月に「10月と11月のFIWを使って2次予選を終了させる」と発表したが、8月になってこれも来年に延期することを決めた。

このままでは20年に日本代表活動がゼロになってしまう――。その危機感を背景に、なんとか可能性を探るなかでたどり着いたのが、「オランダでのアフリカ勢との親善試合」だった。

オンラインで取材に応じる日本サッカー協会の反町技術委員長(11日)=共同

現時点で日本は厳しい防疫態勢を続行しており、海外からの渡航者には、入国拒否や2週間の自主待機を求めている。そうしたなかで外国チームに日本に来てもらうことはできない。また、日本からの渡航者が一定期間の待機を求められる国へ試合に出かけることもできない。

オランダの新型コロナ感染者数は日本に近い数字となっている。ただ、オランダの人口は約1730万人で、日本人の約1億2400万に対する「人口比」では日本以上に厳しい状況にあるのは間違いない。しかしそれでも、欧州諸国のなかでは感染拡大がコントロールされている状況だという。そのため、オランダが自主待機期間を求める旅行者のなかに、日本からの旅行者は含まれていない。

国内選手の招集難しく、欧州組主体に

だがJリーグから選手を連れていくのは事実上無理だろう。JリーグはFIW期間にもリーグ戦を入れているが、日本代表に招集された場合にはそれに応じることになっている。10月5日に日本を出発して13日までオランダで日本代表として活動した場合、翌日に帰国できたとしても、その翌日の15日から2週間は「自主待機」させられてしまう。すなわち1カ月近く所属クラブから離れるということになってしまうのだ(森保一監督やスタッフはこのような形になる)。日本政府の防疫態勢が変わらなければ、Jリーグから選手を連れていくことはできないだろう。

9月15日に記者の質問に答えた森保監督も、「国内外問わずベストのチームも考えているが、実際問題として国内の選手を連れていくのは難しい」と、欧州組主体になることを認めている。

幸運なことに、現在、欧州で30人を超す「日本代表クラス」の選手が活動している。さらには、オリンピック世代の選手もいる。やや手薄なのがセンターバックだが、ポジションのバランスをみても、2試合をこなすだけの「選手層」はある。

対戦相手のカメルーンとコートジボワールもすべて欧州のクラブでプレーしている選手で構成される予定だという。2試合ともアフリカ勢になったのは、アフリカも10月にスタートする予定だったワールドカップの2次予選が来年5月以降に延期になったためだ。欧州勢は、9、10、11月の3回のFIWをすべて欧州ネーションズリーグのリーグステージに使うため、対戦することはできない。「対戦可能ななかでできるだけ強いチームとやりたい」という森保監督の希望はかなえられたことになる。

森保監督の就任後、日本代表で南野(左)ら若いアタッカーが躍動している=ロイター

18年ワールドカップ後に森保監督が就任、南野拓実、中島翔哉、堂安律といった若いアタッカーが躍動し、たちまちファンの心をつかんだ。2年目の昨年は厳しい状況もあったが、ワールドカップの2次予選では着実に4連勝。日程の半分を終えただけだが、すでに3次予選(最終予選)進出を確定的なものとしている。

しかし「日本代表」としての活動は国内組だけで戦った昨年12月の東アジアでのE-1選手権以降なし。フルメンバーでの試合は、同11月のキルギス戦を最後にできていない。「年に5回」ではあっても定期的に集まることで「積み上げ」ができるのが代表のチームづくりだが、完全に活動がないなか1年間を終えるのはあまりにダメージが大きい。多少無理な形でも選手を集め、いろいろなことを再確認しながらチームとして再スタートを切りたいという森保監督の思いは当然すぎることだ。

「オリンピック世代を含め30人近くの選手を呼んで意思疎通をはかりたい」と語る森保監督(15日)=共同

「オリンピック世代を含め30人近くの選手を呼んで意思疎通をはかりたい。最後までベストを尽くし、チーム一丸となって戦うことで、コロナや自然災害で大変な思いをしている皆さんに希望をもってもらえるような活動にしたい」。森保監督はそう語る。

ただ、現在のオランダの防疫対策によれば、フランスの一部とスペインからオランダに入国する場合には10日間の「自主待機」が必要とされており、このままの状態なら、フランスのマルセイユでつい先日パリ・サンジェルマンのネイマールを封じて勝利に貢献した右サイドバックの酒井宏樹や、スペインで注目の久保建英(ビリャレアル)、日本代表不動のプレーメーカー柴崎岳(レガネス)などの参加は難しいかもしれない。

状況は日々動いており何も確定できないが、制限が多く不自由な状況でも、日本のサッカーの未来に向けて充実した9日間、2試合になってほしいと願わずにいられない。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン