/

この記事は会員限定です

無風観測のFOMC、先回り買いの投資家心理

米州総局 宮本岳則

[有料会員限定]

ハイテク銘柄の波乱に揺れた米国株市場が、落ち着きを取り戻しつつある。15日のダウ工業株30種平均は3日続伸となり、将来の相場変動率を映す「VIX」指数も低下した。この日から米連邦公開市場委員会(FOMC)が始まり、16日には記者会見が予定されている。市場参加者は「株高は崩れない」とみて、先回りで株買いに動いた。

「今のマーケットは『底値買い』が最も有効であることを証明している」。米インスティネット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン