/

ボルトン氏回顧録で捜査 機密情報巡り、米紙報道

【ワシントン=共同】米司法省はボルトン前大統領補佐官によるトランプ政権の内幕を書いた回顧録を巡り、出版社などに対する捜査に着手した。ボルトン氏が機密情報を違法に開示したかどうか調べるという。ニューヨーク・タイムズ紙などが15日、報じた。

連邦大陪審が出版社やボルトン氏の代理組織に召喚状を出し、ボルトン氏との全てのやりとりを提出するよう求めた。ボルトン氏への召喚状は出ていないという。

司法省は回顧録には国家安全保障に関連する機密情報が含まれていると主張し、出版差し止め訴訟を起こしていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン