/

8月の米鉱工業生産、0.4%上昇に鈍化

【ワシントン=長沼亜紀】米連邦準備理事会(FRB)が15日発表した8月の鉱工業生産指数(2012年=100)は101.4となり、前月の改定値から0.4%上昇した。4カ月連続の上昇だが、上げ幅は前月(3.5%)から鈍化し、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(1.0%程度)も下回った。

米鉱工業生産は回復ペースが鈍化(米オハイオ州の自動車部品工場)=ロイター

生産活動は緩やかな回復を続けたが、ペースは減速している。新型コロナ前の2月(109.3)からは7.3%低く、前年同月比では7.7%の低下だった。

内訳は製造業が前月比1.0%上昇した。3カ月連続で大幅な生産増が続いていた自動車・同部品が3.7%低下し、その他の分野の上昇分を相殺した。

鉱業は、ハリケーンの影響で石油やガスの採掘が一時的に減り2.5%低下した。電気・ガスは0.4%低下した。

設備稼働率は71.4%で、前月の改定値から0.3ポイント上昇した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン