/

サイゼリヤが小型店を出す狙いは?

2020年9月16日の日本経済新聞朝刊1面に「サイゼリヤが新業態」という記事がありました。サイゼリヤは2021年4月までに東京都内に従来の6割ほどの広さの小型店を出店します。「デフレ下の優等生」として知られるサイゼリヤ。新業態となる小型店にはどのような狙いがあるのでしょうか。

ここが気になる

新型コロナウイルスの影響により客足が遠のいている外食業界。サイゼリヤの小型店は長期低迷を見据えた新しい事業モデルと言えます。小型店はコンビニエンスストア程度の広さしかないため賃料が抑えられ、必要な厨房設備や店員も少なくて済むといったメリットがあります。21年8月までに10店舗を出店する予定です。

小型店では隣同士を板で仕切る1人客の専用席を多く設けます。既存店でも感染対策として席数を2割程度減らしているため、実際に収容できる客数は大きくは変わりません。また、持ち帰りや宅配にも注力し、既存店と同程度の売り上げを目指します。

私はちょっとした空き時間にファミレスで時間を潰すこともありますが、ファミリー用の席に通されるとスペースを無駄遣いして申し訳ない気持ちになるので、1人用席は大歓迎です。デリバリーをよく利用する人にとってもうれしい変化です。コロナ対応の小型店を新たな成長機会にできるか注目です。

20代編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。もっと詳しく知りたい人は9月16日の朝刊1面を読んでみてください。
この記事をまとめた人:大崩貴之
2018年入社。企業取材をする部署で主に医薬品業界を担当。サイゼリヤに行くといつもパスタを2種類食べる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースを分かりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン