/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]結局、TikTok買収騒動で得たものは?

[有料会員限定]
Financial Times

時価総額1750億ドル(約18兆5000億円)の米IT(情報技術)大手オラクルは、スマートフォンの動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業を巡る争いで、ついに宿敵米マイクロソフトを出し抜いた。そこでひとつの疑問が生じる。「売却」はいつ「売却」でなくなるのか。「技術パートナー」がその答えのようだ。

ティックトックを愛好するティーンエージャーにこの買収交渉について説明を試みるなら、こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1495文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン