/

この記事は会員限定です

日銀の市場安定策、危機モード一服

[有料会員限定]

日銀の新型コロナウイルス対応の市場安定策が一服しつつある。上場投資信託(ETF)の購入額は3月をピークに減り、8月はコロナ前の2019年11月以来の低水準だった。銀行へのドル供給の残高も5月のピーク時より75%減った。ただ感染再拡大で市場が混乱する懸念が消えたわけではなく、新政権が誕生する16日以降も大規模な金融緩和政策は当面維持する見通しだ。

日銀のコロナ対策は企業の資金繰り支援と市場安定が柱で、一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1255文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン