日銀の市場安定策、危機モード一服

2020/9/15 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀の新型コロナウイルス対応の市場安定策が一服しつつある。上場投資信託(ETF)の購入額は3月をピークに減り、8月はコロナ前の2019年11月以来の低水準だった。銀行へのドル供給の残高も5月のピーク時より75%減った。ただ感染再拡大で市場が混乱する懸念が消えたわけではなく、新政権が誕生する16日以降も大規模な金融緩和政策は当面維持する見通しだ。

日銀のコロナ対策は企業の資金繰り支援と市場安定が柱…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]