/

早期・希望退職の募集1万人超え 上場企業2020年

東京商工リサーチは15日、上場企業が募集する早期・希望退職者の人数が2020年の累計で1万人を上回ったと発表した。6年ぶりに1万人を上回った前年よりも1カ月早い。新型コロナウイルス禍を背景に急ピッチで推移しており、リーマン危機後の09年以降で最多だった12年の水準に迫る可能性がある。

募集者数は14日時点で1万100人だった。このままのペースで増加すれば、通年で1万7705人だった12年に迫る可能性がある。

募集企業数は60社と、すでに19年通年の1.7倍に上っている。アパレルや繊維が9社と最も多く、米中貿易摩擦が響いた電気機器も8社に達した。外出自粛などの影響で外食も5社が退職者を募っている。

募集人数はレオパレス21の1000人が最も多く、ファミリーマートが800人、シチズン時計が750人、ノーリツが600人で続いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン