早期・希望退職の募集1万人超え 上場企業2020年

2020/9/15 20:34
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチは15日、上場企業が募集する早期・希望退職者の人数が2020年の累計で1万人を上回ったと発表した。6年ぶりに1万人を上回った前年よりも1カ月早い。新型コロナウイルス禍を背景に急ピッチで推移しており、リーマン危機後の09年以降で最多だった12年の水準に迫る可能性がある。

募集者数は14日時点で1万100人だった。このままのペースで増加すれば、通年で1万7705人だった12年に迫る可能性がある。

募集企業数は60社と、すでに19年通年の1.7倍に上っている。アパレルや繊維が9社と最も多く、米中貿易摩擦が響いた電気機器も8社に達した。外出自粛などの影響で外食も5社が退職者を募っている。

募集人数はレオパレス21の1000人が最も多く、ファミリーマートが800人、シチズン時計が750人、ノーリツが600人で続いた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]