/

この記事は会員限定です

自民党新四役の横顔は 二階幹事長、佐藤総務会長…

[有料会員限定]

二階俊博幹事長

衆院議員秘書や県議を経て1983年に初当選した。93年に小沢一郎氏らとともに自民党を離れたが、その後復党。2016年に幹事長に就いた。通算在職日数は「政治の師」とあおぐ田中角栄氏を抜き最長を更新した。

「縁を切らなければ仲間が増える」と話す。若手議員時代は「竹下派七奉行」と称された奥田敬和氏や渡部恒三氏の薫陶を受けた。渡部氏が8月に死去する前には福島県会津若松市内の病院を訪ねて見舞っている。

佐藤勉総務会長

宏池会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン