/

新「国民民主党」15人で始動 代表に玉木氏

合流新党「立憲民主党」への参加を見送った旧国民民主党議員らによる新党「国民民主党」は15日、都内で結党大会を開いた。衆院7人、参院8人の計15人が加わった。代表には旧国民民主に続いて玉木雄一郎氏が就いた。幹事長は榛葉賀津也氏が務める。

玉木氏は結党大会で「与野党問わず国民の役に立つ具体的な政策を絞り出すことが今の政治に求められる役割だ」と強調した。

旧国民民主は旧立憲民主党との合流のため11日に解党した。新立民に参加しない議員は法律上の新党「国民民主党」を11日付で結成した。綱領は旧国民民主を踏襲し「穏健保守からリベラルまでを包摂する改革中道政党をつくる」と掲げた。

党規約で初代代表の任期は2020年末までと定めた。年内に党員投票を含む代表選を実施する予定だ。

代表代行は前原誠司元外相と、旧国民民主で参院議員会長だった大塚耕平氏が就任した。政調会長に舟山康江氏、国会対策委員長に古川元久氏、選挙対策委員長に岸本周平氏を任命した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン