/

この記事は会員限定です

「焼き畑なら投資撤退」 ESGマネー、ブラジルに圧力

奔流 ESG投資(1)

(更新) [有料会員限定]

焼き畑を120日間禁止する――。ブラジル政府は7月中旬、アマゾン川流域の熱帯雨林の破壊を防ぐための大統領令を出した。昨年の禁止令に比べ期間は2倍、発令も1カ月半早い。政府が対応を急ぐ背景には国際金融市場の圧力がある。

「保護の実効性は」「衛星で監視できないか」。7月上旬のビデオ会議で、ブラジル副大統領のハミルトン・モウランは森林保護政策を問いただされた。会議には外相や中央銀行総裁ら、政府高官が勢ぞ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1462文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン