/

この記事は会員限定です

水族館の水槽、水抜かずに修復 日本サカス

職人技をAIで自動化(ウエーブ広島)

[有料会員限定]

水を抜かずに大型水槽のキズを直したい――。水族館のこうしたニーズに独自技術で応えるのは日本サカス(広島市)だ。同社は国内で唯一、水中から水槽の壁面を研磨する特許を持つ。水族館の老朽化に伴う需要増に対応しようと、人工知能(AI)を活用した研磨装置の自動化にも乗り出している。3年後の実用化に向けて目指すのは「職人技」をデジタル技術で再現することだ。

日本サカスは1967年の創業で、売上高の規模は7億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン