/

教員処分歴閲覧、40年分に延長 文科省

文部科学省は15日、児童生徒へのわいせつ行為などで懲戒免職となった教員のデータを検索できるシステムについて、閲覧可能期間を現行の3年から40年に延長すると発表した。わいせつ行為で処分される教員の増加を踏まえ、教員が処分歴を隠して採用されるのを防ぐ。

懲戒免職で免許失効となった教員は処分が官報に掲載され、3年間は再取得できない。同省は2018年度から、各教育委員会や学校法人など向けに、免許の失効情報を確認できるシステムを提供している。

現在は3年分しか閲覧できないため、教委からは長期間の処分歴を調べたいとの要望があった。11月から5年分を検索できるようにし、来年2月から本格運用する。

同省は法改正で教員免許を再取得するまでの期間を3年から5年に延ばすことも検討している。児童生徒へのわいせつ行為に及んだ教員の処分を原則懲戒免職にする規定を新たに設ける見通し。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン