唐沢JA群馬中央会会長「コロナ禍の影響 最小限に」

サービス・食品
関東
群馬
2020/9/15 18:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JA群馬中央会の会長に6月、唐沢透氏(67)が就任した。JA全農ぐんまの会長なども兼任しており、群馬県のJAグループを一手に束ねる。群馬は夏キャベツやコンニャクイモなどの生産量で国内トップを誇る。新型コロナウイルスの感染拡大の影響と今後の対応策を聞いた。

――農家経営にどのような影響が出ていますか。

「消費の減少を招いており、とても厳しい。典型例が高級和牛だ。インバウンド(訪日外国人)の需要が消…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]