/

この記事は会員限定です

唐沢JA群馬中央会会長「コロナ禍の影響 最小限に」

[有料会員限定]

JA群馬中央会の会長に6月、唐沢透氏(67)が就任した。JA全農ぐんまの会長なども兼任しており、群馬県のJAグループを一手に束ねる。群馬は夏キャベツやコンニャクイモなどの生産量で国内トップを誇る。新型コロナウイルスの感染拡大の影響と今後の対応策を聞いた。

――農家経営にどのような影響が出ていますか。

「消費の減少を招いており、とても厳しい。典型例が高級和牛だ。インバウンド(訪日外国人)の需要が消...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません