ミズノ、新ゴルフクラブ 国内外で商品を共通に

2020/9/15 18:36
保存
共有
印刷
その他

ミズノは15日、新ゴルフクラブの「JPX921アイアン」シリーズを10月に発売すると発表した。JPXシリーズでは初めて国内と海外で共通の商品を提供。同社のクラブを使った選手が活躍したときに、国内外の両方で反響を取り込む。国内と海外をあわせて22年までに20万セットの販売を目指す。

国内外で統一したマーケティングで打ち出し多くの顧客に訴求する

「JPX921アイアン」は軟鉄より強度の高いクロムモリブデン鋼を使用。溶接はせず、1本の丸い棒から成形することで、打球音が長く響くモデルも用意した。新クラブは時松隆光選手ら国内外のトップ選手が使っている。価格は「JPX921 HOT METAL」5本組みで9万9000円。

JPXシリーズは10年から展開している。これまでは海外だけでしか販売していないクラブがあるなど、国内と海外で別の商品群やマーケティング戦略を取っていた。

ゴルフはコロナ禍でもできるスポーツとして一部で追い風が吹くが、国内のゴルフ人口は減少している。海外と日本でマーケティング戦略を統一し、認知を広げ需要を取り込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]