/

早期退職、1万人突破 新型コロナ下で急増 民間調べ

東京商工リサーチは15日、2020年1月から9月14日までに上場企業が募集した早期・希望退職者数が1万100人だったと発表した。1万人を超えたのは19年(年間で1万1351人)に続いて2年連続。募集企業数は既に19年の年間(35社)より7割増の60社にのぼり、そのうち35%が新型コロナウイルスの影響を理由に挙げた。

19年は10月9日に1万人を突破しており、20年はそれより約1カ月早い。特に直近1カ月間で11社が募集を発表するなど、「新型コロナ下で雇用情勢が悪化してハイペースで推移している」(東京商工リサーチ)。同社の推測では20年は年間で70社以上、1万2千人以上に上るとみている。

19年は35社のうち約6割が直近決算の最終損益が黒字で、業績が堅調なうちに人員構成を見直す先行型の「黒字リストラ」が相次いだ。しかし20年は現時点の60社のうち、半数強の31社が本決算で赤字だった。直近四半期も含めると赤字企業は41社に上る。

業種別ではワールドやストッキング大手のアツギのグループ企業などアパレル・繊維が9社で最多だ。米中貿易摩擦が響く電気機器が8社、自動車などの輸送用機器が6社。外食は6月以降に急増し、居酒屋チェーンのチムニーなど5社が約3カ月の間に募集した。

1千人以上の大型募集はレオパレス21(約1千人)のみ。次いでファミリーマートの約800人だった。300人以下の募集が45社で全体の75%を占めた。新型コロナ下で市場環境が急変したため、一部の職種や事業所で希望退職を募る企業が多い。同社は「雇用調整助成金の特例措置の期限である12月末から来年にかけて、外食やアパレル、小売りなどで募集が増えそうだ」と話す。

00年以降で募集が最も多かったのはIT(情報技術)バブル崩壊が影響した02年の約4万人。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン