/

北海道経済連合会、食のデジタル人材を育成

北海道経済連合会は15日、北海道博報堂(札幌市)と連携し、デジタル技術を活用して食産業を活性化できる若手人材の育成を始めると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で消費行動が変わりつつあることも踏まえ、電子商取引(EC)の活用法などを指南し、北海道の食産業を支えてもらう狙い。

石屋製菓やアークス、札幌市など10社・団体の25~30歳程度の社員らが参加する。コロナ後の消費行動の予測やデジタルマーケティングの手法などを学ぶ。期間は9月から2021年3月まで。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン