/

三井住友FG、医療ベンチャーのプラスメディを買収

三井住友フィナンシャルグループ(FG)は15日、医療ベンチャーのプラスメディ(東京・新宿)を買収したと発表した。医療機関の業務を効率化するプラスメディのサービスを三井住友FGの顧客に提供する。個人の医療データを匿名化して蓄積し、新たな事業に活用することも検討する。

既存の株主から株式を取得した。買収額は非公表。

プラスメディは医療機関の業務を効率化するスマートフォン(スマホ)のアプリ「マイホスピタル」を提供している。スマホで病院での順番待ちの確認や診察料の後払いのほか、診断や検査の結果も確認できる。三井住友FGの取引先の医療機関にアプリを紹介し、業務の効率化に役立てる。

病院などからカルテの情報や検査結果などを取得し、患者がアプリ上で健康を管理できる仕組みも整える。三井住友FGの谷崎勝教執行役専務は記者会見で、「データがたまってきたら匿名化したうえで、創薬や医療にも活用できる」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン