横浜銀行、横国大学生の起業を支援 協定締結後初めて

2020/9/15 15:24
保存
共有
印刷
その他

横浜銀行は15日、横浜国立大学発のスタートアップ企業への融資などを通じ、学生の起業を支援したと発表した。横浜銀と同大学が2018年に締結した連携協定の一環で、行員が学生向けに開く講座などを通じて起業をサポートした。協定締結以降、起業を支援した初の案件となる。

同大の学生が7月に立ち上げたEggSmart(エッグスマート、川崎市)への融資を15日付で実行した。同社は養鶏場と飲食店をつなぐマッチングサービスを開発予定で、平飼いにこだわった高品質な卵の販売促進を目指している。

19年に横浜銀の行員が開いた講座を受講した学生から、起業の相談を受けたことがきっかけで支援を始めた。事業計画に対するアドバイスなど、授業外でも継続的に協力した。横浜銀は今後も資金力に乏しい学生を支援し、新たなビジネス創出を後押しする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]