原発被災地に先端研究が集積 復興予算使い企業進出
被災3県の歩み・福島

東日本大震災10年へ
2020/9/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災から10年の節目が近づく中、深刻な被害を受けた福島、宮城、岩手3県の復興の方向性がはっきりしてきた。国の助成金を活用して企業進出が進む福島。住民が集団移転した跡地に商業施設などが集積する宮城。岩手では三陸沿岸を結ぶ自動車専用道の整備に期待が高まる。3県それぞれの復興の現状に迫る。

世界最大級の水素製造装置

東京電力福島第1原子力発電所事故で全町避難を強いられた福島県浪江町の中心部から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]