/

この記事は会員限定です

VCのインクルージョンが新ファンド 事業分離を支援

[有料会員限定]

ベンチャーキャピタル(VC)のインクルージョン・ジャパン(ICJ、東京・品川)は10月末に30億円の投資ファンドを立ち上げる。2021年夏にも100億円規模への拡大を目指す。国内大手企業や機関投資家から出資を募る。出資元企業の新規事業を切り出し、新会社として独立させる「カーブアウト」を出資を通じて促す。

カーブアウトは経営判断や予算執行を本社の慣行にとらわれず迅速に行う狙いがある。出資した新会社に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り252文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン