ファーウェイ向け半導体、出荷停止相次ぐ 米の規制発効

エレクトロニクス
2020/9/15 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米商務省による中国の華為技術(ファーウェイ)に対する半導体輸出規制が15日に発効された。ソニーや半導体メモリー大手のキオクシア(旧東芝メモリ)など日本の半導体メーカーが相次ぎファーウェイ向け出荷を停止した。日本企業のファーウェイ向け部品供給は約1兆1000億円あるとされ、大口顧客への供給停止で経営への影響は避けられない情勢だ。

キオクシアは15日、ファーウェイ向けのフラッシュメモリーの出荷を停止…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]