/

この記事は会員限定です

広がる導入、問われる成果 AI業界早わかり

日経業界地図2021年版(4)

[有料会員限定]

基礎知識■

1956年、米ダートマス大学で開かれた共同研究会で「人工知能(AI)」という言葉が生まれた。その後、対話や自然言語処理、画像認識、ビッグデータ解析などの分野で応用が進んでいる。

最近の動向■

AIは医療や金融、製造・流通業など様々な分野で導入が進む。米IDCは世界のAI投資額が2023年に979億ドルと19年の2.5倍以上になると予測する。社会での活用が広がってきたことで、導入の成果が問われる段階になっている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

就活

新型コロナウイルス感染拡大がやまない中でも就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン