/

この記事は会員限定です

[FT]豪政府、「リオ・ティント次期CEOに豪州人を」

[有料会員限定]

オーストラリア政府は英豪資源大手リオ・ティントに対し、次の最高経営責任者(CEO)に豪州人を任命するよう要請した。投資家や当局は同社に対し、収益の大半を生み出している豪州をもっと重視するよう迫っている。

リオは豪州の先住民アボリジニが4万6000年前に居住したとされる洞窟遺跡「ジューカン・ゴージ」を爆破した責任を取り、フランス人のジャンセバスチャン・ジャックCEOと2人の幹部が辞任すると発表した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2251文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン