/

SNSやブログも対象 海賊版誘導規制、10月から

政府は15日、漫画などの海賊版サイトにインターネット利用者を誘導する「リーチサイト」規制の詳細に関する著作権法施行令を閣議決定した。SNS(交流サイト)やブログ、掲示板への投稿も対象とした。規制は6月に成立した改正法に盛り込まれ、10月1日から施行される。

リーチサイトは海賊版を公開するウェブサイトのURLをまとめて掲載し、アクセスしやすくするサイト。施行令はこうしたサイトだけでなく、海賊版情報が掲示板に多数書き込まれた場合や、SNSで繰り返し投稿したり、ブログでまとめたりした場合も規制対象とした。

リーチサイトを巡っては過去に年間被害額が700億円を超えたケースがあり、改正法はサイト運営を5年以下の懲役か500万円以下の罰金、またはその両方とした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン