インフル患者、9月第1週は3人 昨年の1000分の1以下

2020/9/15 9:59
保存
共有
印刷
その他

インフルエンザの患者数は昨年の同時期の千分の一以下の水準(写真は予防接種)

インフルエンザの患者数は昨年の同時期の千分の一以下の水準(写真は予防接種)

9月6日までの1週間に全国約5千カ所の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数が3人だったことが厚生労働省のまとめで分かった。昨年の同時期の千分の一以下の水準。新型コロナウイルス対策で手洗いやマスク着用の習慣が広がった影響とみられる。

厚労省は例年9月以降、指定する全国約5千カ所の定点医療機関から報告された患者数を毎週集計して公表している。11日に公表された集計によると、8月31日~9月6日の1週間に岐阜県、大阪府、沖縄県で1人ずつ報告された。

昨年の同時期は沖縄で大流行した影響で3813人に達した。流行入り前のこの時期でも近年は数百人が報告されており、今年はかなり低い水準だ。

昨冬のインフルエンザの累計推計患者数は前年比4割減の729万人にとどまった。新型コロナの感染拡大で外出自粛が広がった影響などが指摘されている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]