金星大気に生命の可能性か 特徴的な成分検出

2020/9/15 9:53
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】金星の大気中に、生命が起源の可能性がある特徴的な成分を検出したと、京都産業大や米国、英国などのチームが英科学誌ネイチャーアストロノミーに14日、発表した。

ホスフィンという成分で、地球では酸素がなくても生きられる沼や湿地の微生物などによって作られる。チームは金星に生命が存在する確実な証拠ではないものの、考えられる他の化学反応では説明がつかず、未知の反応か、生命による可能性があるとしている。

ハワイ島にある望遠鏡と、チリのアルマ望遠鏡で観測した。上空60キロ前後の厚い硫酸の雲の中に、水素とリンからなるホスフィンに特徴的な信号を検出した。金星の地表は温度が400度を超えるが、この高度では30度ほどとされ、酸性が強いが、生命が生息できる可能性が指摘されてきた。

金星でホスフィンが作られる仕組みとして、火山活動や隕石(いんせき)の突入、雷による反応などを検討。だが観測から推計された20PPB(PPBは10億分の1)の濃度まで生成できないと判断した。生命の可能性を含めさらに調べる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]