/

日産元役員が無罪主張 ゴーン元会長報酬巡り初公判

(更新)

高額報酬を隠したとされる日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(66)を巡る事件の初公判が15日、東京地裁で開かれた。海外逃亡したゴーン元会長と公判が分離された日産元代表取締役、グレッグ・ケリー被告(64)は起訴内容を否認し、無罪を主張した。世界の注目を集めた経済事件の法廷攻防が始まった。

ケリー元役員は金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)罪で起訴された。起訴状によるとゴーン元会長と共謀し、2011年3月期~18年3月期の日産の有価証券報告書に元会長の役員報酬を計約91億円少なく記載したとされる。

罪状認否でケリー元役員は「犯罪には関与していない」と述べ、「開示規則に違反していないことが明らかになるのは当然だ」と強調した。

金商法の両罰規定に基づき罪に問われた法人としての日産は起訴内容を認めた。

検察側は冒頭陳述で、10年3月期に導入された1億円以上の役員報酬の開示制度が事件のきっかけだったと指摘した。ゴーン元会長の報酬は毎年10億円を超えており、高額報酬の発覚を防ぐ方法を検討するようケリー元役員らに求めたとしている。

ケリー元役員の弁護団は「(報酬は)ゴーン元会長が退職後、日産に提供する業務への対価として予定されたもので役員報酬ではない」と主張する見通しだ。日産の元秘書室長や外国人専務執行役員が東京地検特捜部との日本版「司法取引」に合意した経緯についても不透明だとして問題視する構えを示している。

東京地裁(下津健司裁判長)は21年7月までに初公判を含めて計76回の期日を指定した。未払い報酬の有無が最大の争点で、司法取引に応じた日産幹部ら2人のほか、西川広人前社長ら10人超の証人尋問を行う見通し。論告求刑や判決の期日は決まっていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン