/

この記事は会員限定です

買収で翻弄のアーム、英国内で「宝」の本社流出に警戒感

(更新) [有料会員限定]

【ロンドン=佐竹実】英半導体設計アームの買収を巡り、英国が翻弄されている。アームはテック業界の「宝」と称されるが、親会社のソフトバンクグループ(SBG)は米半導体大手エヌビディアへの売却を決めた。欧州連合(EU)離脱で経済の先行きが不透明になる中、アーム本社が国外に流出することへの懸念も強まっている。

アームは携帯電話向け半導体設計で世界シェアの9割超を握る。世界のものづくりを陰で支え、「クラウンジュエル」(BBC)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1071文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン