/

NYダウ続伸、327ドル高 M&Aやワクチン開発好感

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸した。前週末比327ドル69セント(1.2%)高の2万7993ドル33セントで終えた。大型M&A(合併・買収)のニュースが相次ぎ、市場心理の改善につながった。コロナワクチンの開発を巡る好材料も相場上昇を支えた。

画像処理半導体のエヌビディアは13日、ソフトバンクグループ(SBG)から英半導体設計のアームを買収すると発表。IT(情報技術)のオラクルはスマートフォンの動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業を引き受けるとの観測が強まった。これを受け、エヌビディアは6%高、オラクルは4%高となった。

バイオ製薬のギリアド・サイエンシズは13日に米同業を、通信のベライゾン・コミュニケーションズは14日にプリペイド式携帯通信大手をそれぞれ買収すると発表した。コロナ禍が続く中でも大型M&Aが続出し、米企業の成長投資への意欲の強さが意識された。

投資家心理の改善につながり、先週まで調整していた主力ハイテク株に買いが入った。ダウ平均銘柄ではスマートフォンのアップル、ソフトウエアのマイクロソフト、顧客情報管理(CRM)のセールスフォース・ドットコムが上昇した。電気自動車のテスラは13%近く上げた。

コロナワクチンの開発では米製薬のファイザーの経営トップが13日、米メディアのインタビューで「開発中のワクチンが有効かは10月末までに判明する」と述べた。臨床試験を中断していた英製薬のアストラゼネカは12日に再開したと発表した。ワクチンの早期実用化への期待を誘い、景気敏感株も買われた。

ナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反発し、前週末比203.11ポイント(1.9%)高の1万1056.65で終えた。下値のメドとされる50日移動平均を上回った。

アナリストが投資判断を引き上げた半導体のマイクロン・テクノロジーが6%高となるなど、半導体関連株への買いが目立った。バイオ製薬関連も高い。ネット通販のアマゾン・ドット・コムや動画配信のネットフリックスなどは下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン