/

この記事は会員限定です

377票 自民総裁選、四半世紀ぶり得票率7割超え

Political Number

[有料会員限定]

安倍晋三氏の後継を決める14日の自民党総裁選で、菅義偉氏は国会議員票と地方票の合計で377票を獲得して勝利した。有効総投票の71%を得て、2位の岸田文雄氏(17%)と3位の石破茂氏(13%)に大差を付けた。7割を超える得票率は橋本龍太郎氏が選出された1995年の総裁選以来、四半世紀ぶりとなった。

総裁にとって得票率は気になる数字だ。安倍氏は2018年の総裁選で石破氏との一騎打ちに勝った後、小泉純一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

Political Numberは原則隔週の水曜日に公開します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン