/

バイデン氏に百億円投入へ 南部激戦州で前NY市長

(更新)
ブルームバーグ前ニューヨーク市長は民主党候補のバイデン前副大統領を支援するためフロリダ州で1億ドルを投じる=AP

【ワシントン=共同】11月の米大統領選を巡り、大富豪のブルームバーグ前ニューヨーク市長は13日までに、激戦州の一つ南部フロリダ州で民主党のバイデン前副大統領を支援するため、1億ドル(約106億円)以上を投じる方針を固めた。米主要メディアが報じた。テレビCMなどにつぎ込む予定で、再選を狙うトランプ大統領にとっては脅威となりそうだ。

政治サイト、リアル・クリア・ポリティクスが集計した13日時点の平均支持率によると、フロリダ州ではバイデン氏が1.2ポイントリードしているが、トランプ氏が差を詰めている。同州で24日から郵便投票が始まるのを踏まえ、バイデン氏の陣営は大量にCMを流し、引き離しを図る方針とみられる。

トランプ氏は13日、ツイッターで、ブルームバーグ氏が民主党候補指名争いに巨額の資産を投じて参戦したものの最終的に撤退したのを皮肉り「もう民主党政治に関わるのは十分だったんじゃないのか」と書き込んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン