/

この記事は会員限定です

国勢調査は自治体の関心事(時流地流)

[有料会員限定]

◆皆さんの自宅にもそろそろ配られただろうか。日本で暮らすすべての人を対象とする10月の国勢調査の用紙である。様々な政策立案の基礎になる重要な国の統計で、衆院選の選挙区の区割りにも影響する。氏名や世帯人数、就業状態、従業地など19項目をネットで回答したり、用紙を郵送で返送したりすればいい。

◆この調査が始まって今年で100年。1920年(大正9年)の第1回調査は「国勢調査は文明国の鏡」などという標語を掲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン