/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG、投資戦略リセット 孫氏「次の革命」へ

(更新) [有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)の成長戦略がみえにくくなっている。事業会社として買った英アームの売却を決め、ますます投資会社化は進む。だが、投資の世界に革命を起こすはずだった10兆円ファンド「ビジョン・ファンド」はつまずいたままだ。市場ではMBO(経営陣が参加する買収)による非上場化の観測も強まる。自らの理想を「革命家」と話す孫正義会長兼社長が新たな構想を描くのは間違いないが、生みの苦しみの時期に入り、現状は手探りにみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1956文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン