/

イスラエル再び全土封鎖へ コロナ感染率、最悪水準

【エルサレム=共同】イスラエル政府は13日、新型コロナウイルスの感染対策として、全土のロックダウン(都市封鎖)実施を決定した。18日から3週間の予定で、状況次第で延長もありうるとしている。全土でのロックダウンは3~5月に続き2回目。

イスラエルでは再び新型コロナの感染者数が増加している=ロイター

イスラエルの人口は約850万人で、最近は新規感染者が4千人前後に達する日もあり、人口比の感染率は世界最悪水準とみられる。いったん収束の気配を見せたが、再び感染が拡大している。

累計感染者は15万人以上で、死者は1100人を超えた。今週末にユダヤ教の新年を迎え、祭日が続くことからロックダウンに踏み切った。

ネタニヤフ首相は「われわれ全員が代償を支払うことになるが、感染を止めなければならない」と理解を求めた。

政府によると、通勤などを除き、自宅から500メートルを超える範囲の外出が規制されるほか、学校やショッピングモールは閉鎖。スーパーや薬局は営業を継続する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン