/

この記事は会員限定です

「恋人」アーム、革ジャンCEOに託した孫氏

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

ソフトバンクグループが英半導体設計のアームの売却を決めた。日本企業で最大となる3兆3000億円の巨額買収を実現させたのが、つい4年前のこと。「情報革命」を掲げる孫正義会長兼社長は、「僕にとって長年の恋人」と呼んでいたアームとの別れをなぜ選んだのか。

孫氏、「フーテンの寅さんみたいに恋い焦がれていた」

英国南部の学園都市ケンブリッジ。名門大学のすぐ近くにあるアーム本社では、ソフトバンクが買収を決めた直後から大規模な工事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2379文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン