/

この記事は会員限定です

「次」への課題残す 2位岸田氏・3位石破氏、地方伸びず

[有料会員限定]

自民党総裁選は菅義偉官房長官が全体の7割超、地方票でも6割の得票で圧勝した。2位の岸田文雄政調会長、3位の石破茂元幹事長はともに地方票が伸び悩んだ。選挙結果は菅氏の政権運営だけでなく、岸田、石破両氏の今後にも影響を与える。来年の総裁選に向けて課題を残した。

岸田氏は総裁選後に開いた陣営報告会で来年の総裁選への立候補に意欲を示した。「戦いが終わった今、新たなスタートだと思っている。総理・総裁を目指し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン