アパレルECの物流受託 都ユニリース、大型拠点新設

2020/9/14 20:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

業務用ユニホームのレンタルなどを手掛ける都ユニリース(岡山県倉敷市)は、アパレルの電子商取引(EC)向けの物流受託サービスを始める。商品の在庫管理や出荷、返品時のクリーニングまで扱う仕組みで、大型物流拠点を2021年1月に倉敷市内に稼働させる。主に関東の中小アパレルに採用を働き掛け、3年後に年間20億円の売り上げをめざす。

サービス開始に先立って100%子会社のテキスタイル物流(同)を設立。倉敷…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]