/

技研製作所が在宅手当 国内従業員に月最大6000円

建設機械開発の技研製作所は14日、同社とグループ会社である土木工事の技研施工(高知市)の国内で働く全正社員570人を対象に9月から在宅勤務手当を新設したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うテレワーク推進の一環。月6千円を上限に在宅勤務した日数に応じて支給額を算出する。

グローバル企業の技研製作所は海外のグループ会社にも導入を検討する。新たな手当を在宅勤務で増えた水道光熱費や通信費に充ててもらう。出社した従業員には出社日数に応じて通勤手当を支給する。月16日以上出社する社員にはこれまで通り通勤定期を出す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン