愛媛産品の海外販路開拓で連携 県とPPIH

2020/9/14 19:31
保存
共有
印刷
その他

愛媛県は「ドン・キホーテ」を展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)と、県産品の海外販路開拓を目的とする包括連携協定を結んだ。同社が米国やアジアで展開する店舗で販売する農水産物などや海外向け商品の開発、観光PR等幅広く協力する。同社が自治体と同様の協定を結ぶのは初めて。

愛媛県とPPIHの包括連携協定を結んだ中村時広知事(右)ら

PPIHは米国やシンガポール、香港、タイで50店を展開する(1日時点)。県と同社はこれまでも県産品フェア開催などで協力してきた。今回の連携協定を通じて、2030年までに年100億円の海外向け取引の実現を目標に掲げる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]