/

この記事は会員限定です

四国経済界、新総裁に規制改革やデジタル施策を期待

地方分権による活性化も求める

[有料会員限定]

安倍晋三首相の後継を選ぶ自民党総裁選が14日実施され、菅義偉官房長官が選出された。新総裁は16日に衆参両院の首相指名選挙で首相に選ばれる。新型コロナウイルスの感染再拡大を抑えつつ、経済活動をどのように両立させるのか。四国の経済界や有識者からは規制改革やデジタル施策の推進、地方創生など新総裁への様々な要望・期待の声が寄せられた。

愛媛県商工会議所連合会の大塚岩男会頭(伊予銀行会長)は「コロナ時代の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン