再び「課金」で動くエンタメ Apple対エピックは転換点
本社コメンテーター 村山恵一

村山 恵一
Deep Insight
本社コメンテーター
2020/9/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アプリの配信と決済で30%の手数料をとる米アップルを「市場独占のための不合理で違法な制限だ」と責め立てる米エピックゲームズ。一方、アップルも「エピックはアップストアの価値をタダで使いたいだけ」と容赦ない。

法廷バトルの着地点は見えにくいが、欲張りな2社の争いなどと片づけられない。エンターテインメント産業全体が再び迎えた転換期の象徴ととらえたい。

なぜか。21世紀に入りデジタル化が加速したエンタメ…

本社コメンテーター

IT・スタートアップ

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

    ソーシャルアカウント:

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]