女性をターゲットにした日本酒 金沢の福光屋

2020/9/14 18:09
保存
共有
印刷
その他

酒造会社の福光屋(金沢市)は10月、20~30歳代の女性をターゲットにした日本酒を発売する。フルーティーで軽やかな味わいで、日本酒の初心者も飲みやすくした。食前酒や食中酒としての需要を見込む。

20~30歳代の女性をターゲットにする

「えりごのみ 104 純米大吟醸」は、日本酒のソムリエにあたる「きき酒師」の資格を持つ女優の村川絵梨さんと開発した。アルコール度数は一般的な日本酒よりも抑え、やや辛口に仕上げた。白身魚や冷しゃぶなど、淡泊でさっぱりとした料理に合うという。

希望小売価格は500ミリリットル入りで税別2000円。升付き(同2500円)も限定300セットで販売する。直営店や同社のオンラインショップなどで扱う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]