/

この記事は会員限定です

新常態の経営「社員のやりがい高める」、本社シンポ

[有料会員限定]

日本経済新聞社は14日、働き方改革をテーマにしたシンポジウム「スマートワーク―X 日本の挑戦」を日経ホール(東京・千代田)で開いた。新型コロナウイルスの感染拡大で働き方や生活様式が変わるなか、社員との結び付きを強化し、イノベーション創出を促す経営の実践について企業トップらが話し合った。

基調講演では米ハーバード大経営大学院教授で国際基督教大学理事長の竹内弘高氏が登壇。日本の企業や行政に対し「DX(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り523文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン