池辺九州電力社長に聞く 電力消費の構造変化
九州電力・池辺和弘社長

松尾 博文
コラム(経済・金融)
編集委員
2020/9/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

脱炭素を迫るエネルギー転換が加速している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う変化も踏まえ、電力会社はどう対応するのか。電気事業連合会会長を務める九州電力の池辺和弘社長に聞いた。

――コロナの影響は。

「全国の電力需要は5月に前年同月比で8%減ったが、6月は5%減、7月は2%減にとどまった。感染第2波に注意が必要だが、コロナの影響は5月が底とみている」

「用途別では産業用の需要が落ち込んだが、家庭…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]